運送会社や荷主との業務委託提携で軽貨物配送の仕事を獲得

無料相談電話窓口

軽貨物運送ってどういう仕事なの?

正式名称は「貨物軽自動車運送事業」となります。

仕事を依頼してくれる荷主(運送会社含む)から引き取った小型の荷物を
依頼されたお届け先に配送します。


軽貨物ドライバーは自分の車を利用して業務委託、つまり請負という形で仕事をします。
そこが軽貨物運送業の一番の特徴です。

街中で黒いナンバーをつけている軽自動車を見たことはありませんか??
これは通称『営業ナンバー』と言い、個人で運送業をはじめることを陸運局に届けると交付されるナンバープレートです。
この黒ナンバーをつけている軽車両は、お金をもらって運送の仕事をすることが国から認可されています。
運送事業の社長さん(個人の事業主)という事になります。


タクシードライバーはお客さんを車に乗せてお金をもらう訳ですが、
黒ナンバーは荷物を乗せてお金をもらうのです。
そしてこの黒ナンバーの制度は、軽自動車にしか認められていません。


仕事は依頼主(荷主)から業務委託という形で直接受けるか、
依頼主から仕事の依頼を受けた運送会社から下請けという形で受けます。
運送会社と業務委託提携を結ぶことで下請けとして仕事を請けることが出来ます。

あくまでも業務委託になりますので雇用関係はなく、
わかりやすく言うと企業同士の「取引」となります。

業務委託提携の運送会社を増やすことで安定的に仕事を獲得することが可能です。